横浜のバー特集

おしゃれな横浜のバー

横浜といえば、おしゃれなお店がたくさん並んでいます。
その中でも、ちょっとお酒を楽しむことも考えれば、バーを上手く利用していきたいところです。

バーというと、なんだか敷居が高そうに感じることでしょう。
ですが、実はそんなことはありません。

ただし、騒ぐようなお店ではありませんので、お店の空気を読み楽しむだけの大人の余裕はなければいけないでしょう。

もしも、楽しみ方がわからないときには、下記のサイトが参考になります。
>>Barの楽しみ方 A toZ(FOME)

現役のバーテンダーに話を聞いていますので、本音の部分も少し見えてくるのです。

静かに楽しむだけではなく貸し切りもできるBAR Ofen

横浜のバーといえばいろいろとありますが、BAR Ofenは、静かに楽しむことができる名店です。
ボトル数は、横浜随一とも言われており、素晴らしいお酒を楽しむことができます。

カクテルも、オールドスタイルのものから、最近のフルーツカクテルまで提供してもらえますので、年代を問わずに楽しめるでしょう。

予約をすることもできますので、落ち着いて飲むこともできます。
立地的にも、横浜駅から歩いて5分ですので、アクセスも良好です。

フードメニューも充実しており、創作料理まで提供してくれます。
コースまであるのは、バーとしてはとても珍しいでしょう。

飲み放題にすることもできますし、店内貸し切りも可能ですので、何かの集まりに利用するのも良好な条件がそろっています。

ショットバーの名店

BOURBON STREET K’s BARは、横浜駅からは少し離れますが、落ち着いてお酒を楽しめる名店です。
一般的なバーでは、テーブルチャージ料がかかります。

それだけのサービスを受けることが全体にあるからですが、BOURBON STREET K’s BARでは一切かかりません。
サービス料も請求されませんので、かなりの明朗会計になっているといっていいでしょう。

ショットバーですが、常時70種類以上のバーボンが取り揃えられており、オーナーが蒸留所を訪ねアルバムを作るほどこだわっています。

珍しいことに、パスタなども充実しており、さまざまな面から楽しむことができるのです。
バーになれていないのであれば、こういった明瞭な設定のお店に行ってみるほうが安心できます。

従来の立ち飲みではないスタンディングバー 溜

バーもいろいろなお店がありますが、スタンディングバーがあるのも横浜らしいところです。
バー溜は、従来の立ち飲みのイメージではなく、バーとして大人の社交場の雰囲気を持っています。

日本ということにこだわって作られているため、焼酎や泡盛、日本酒も楽しむことができるのです。

もちろん、ウイスキーやラムなども取りそろえていますが、どれも国産にこだわっている点が他店と違います。
こういったこだわりがあるのも、横浜らしいところでしょう。