横浜の絶品かき氷特集

横浜元町の和菓子かき氷店 香炉庵

横浜市元町にある、和菓子店のかき氷として人気が高いのが、香炉庵です。
香炉庵では、和菓子店が作るかき氷を提供するお店として、和風テイストなかき氷が特長のお店として知られています。

そのなかでも人気が高いメニューが、宇治金時 練乳かき氷です。
和菓子店ならではの和風宇治抹茶テイストのかき氷ですが、ほろ苦い宇治抹茶入りの蜜、まっちゃ蜜をかけながら食べるかき氷は正に絶品。
ぷるんとしたアクセントの寒天ゼリーや、中に含まれているあんこ、練乳、白玉など、非常に盛りだくさんの、バランスが取れたかき氷として知られています。

香炉庵では他にも、いちご、イチゴ練乳、宇治金時、小豆練乳など、様々なテイストの会氷が提供されており、好みに合わせて選ぶことが出来るでしょう。
洗練されたオシャレな和風のお店に、和風のかき氷はピッタリです。

イチゴを思う存分堪能できる、ユニオンカフェのいちごおり

横浜市元町で、イチゴのかき氷を思う存分堪能したいのであれば、ユニオンカフェがおすすめです。
こちらでは、苺氷りの立て看板の名前通り、苺づくしの苺かき氷、通称いちごおりを堪能することが出来るお店として知られています。

美しいピンク色に染まった苺のかき氷の秘密は、その製造過程。
かき氷を作る氷の中に、生の苺を一緒に入れて、氷漬けにした苺を使ってかき氷を作ることで、まんべんなく苺が行き渡ったいちごおりが完成するのです。
苺が均等に行き渡るように、氷を作る段階で工夫を行い、一口食べると、完熟の氷の風味を堪能することが出来ると言われています。

極めつけは、シロップとしてかけられる特性シロップと練乳。
てんさい糖などをなどの五種類のこだわりの砂糖をブレンドして作られた特性シロップは、苺の素材をそのまま生かし、風味を生かした仕上がりにする事で知られています。

そして極めつけに練乳をかけて食べれば、正にいちごおりの完成。
煉乳と苺のハーモニーが口いっぱいに広がる、苺好きを唸らせるかき氷と言えるでしょう。
トッピングとして、苺ピューレや木イチゴのリキュールを入れられるシーズンもあります。

台湾で人気のふわふわかき氷 QQ屋台屋&雪の氷のフレッシュフルーツ

まるで雪のようなふわふわの口溶けが特長で、台湾でも人気が高いかき氷を提供しているのが、QQ屋台屋です。
こちらは横浜中華街にあるかき氷屋さんとして知られ、その口溶けの柔らかさ、フルーツの自然な甘みが人気の商品として知られています。

雪の氷と名付けられたかき氷は、食べた瞬間、かき氷とは思えないふわふわさを体感出来る点が特長です。
ついつい食べ過ぎてしまう美味しいデザートとして、老若男女訪わずに人気を集めているでしょう。