横浜中華街のおすすめグルメ

食の宝庫である横浜中華街

横浜中華街といえば、食の宝庫ともいえる場所です。
中華のおいしいものが食べたいというのであれば、もってこいの環境でしょう。

数多くの名店があり、玄関先を通るだけでも誘惑されてしまいそうになります。
それだけ魅力的な店舗が多いのも、横浜中華街であるといえるでしょう。

数ある名店の中でも、おすすめなのはどんなジャンルのものを食べたいのかによって違います。
たとえば、飲茶であれば、菜香新館がいいでしょう。

日本でいうところの中華というよりも、香港飲茶を楽しむことができる名店で、本場香港の味を再現しています。

本場に近くなってしまうと、どうしても日本人には合わない味になってしまうこともあります。
これは飲茶でも言えることなのです。

しかし、菜香新館では、日本人にも合うものをセレクトしており、リーズナブルな価格で食べることができるのですから、大変人気があります。

飲茶で中華街を楽しむ

飲茶の中でも、小籠包というものは、日本人には特別なものとして受け入れられているでしょう。
薄い皮の中に包まれた、肉汁たっぷりの具材は、誤って食べれば火傷してしまうこともあります。
ですが、このアツアツ感が病みつきになってしまうのです。

そんな小籠包の名店であれば、上海豫園 小龍包館が有名でしょう。
その名の通り、小籠包が中心であり専門なのは、中国料理世界大会天心部門で優勝したシェフが作っているからです。

小籠包といっても、いろいろなものがあります。
有名なところでは、上海カニみそやヒスイ小籠包がありますが、どちらもスープがばっちりでアツアツを食べることができるのです。

こうした小籠包を食べるときには、上の部分を箸でつまみ上げ、レンゲに乗せて一度皮を破いてスープを出しましょう。
こうするだけで、火傷も防ぐことができますし、スープまでおいしく頂けます。

珍しい梅蘭焼きそば

中華街に来たのであれば、梅蘭の看板メニューである梅蘭焼きそばも一度は味わいたいところでしょう。
焼きそばといっても、実は一塊になっており、普段食べる焼きそばとは違います。

炒めた豚肉や野菜を餡にしてあり、しっかり焼かれた焼きそばの下に包まれているのです。

一見しただけでは、ただ焼いた焼きそばがさらに乗っているだけに見えますが、麺を崩していくと餡と絡みながらいただくことができるようになっています。

非常に独特な焼きそばで、卵を使って案が漏れないようにしているなど、細かな工夫もされているのです。

以前は、シンプルな梅蘭焼きそばしかありませんでしたが、今では辛口や回線もあります。

かなりぜいたくな焼きそばになっていますが、これだけでおなか一杯になれるほどのボリュームもありますので、楽しみながら食べることができるでしょう。