横浜のおすすめラーメン

横浜で独特な進化を遂げた家系ラーメン

横浜といえば、様々なグルメがあります。
独特な文化形成で、ほかの地域とはちょっと違う進化を遂げたりしているのです。

それが魅力の一つでもありますが、ラーメンも横浜で進化を遂げました。
家系ラーメンと呼ばれるものが横浜の特徴で、店名に家がつくことが多かったことから、いつの間にか呼ばれるようになったのです。

横浜のラーメン店の数を調べてみると、市内だけでも150店舗はあるといわれています。
その中でも、名店と呼ばれるところは、それほど多くあるわけではありません。

家系ラーメンの中でも飽きない味が魅力

横浜家系ラーメンはいっぱいありますが、毎日行っても飽きない味を提供してくれるのが寿々喜家です。

スープや麺のできぐらいが、毎日でも飽きないと称されますが、それだけではありません。
どうしても乱雑になりがちな接客も丁寧で、清潔感もある店舗は、毎日でも訪れたくなるのです。

ラーメン店というと、どうしても脂ぎっていて、女性では入りにくいというところも多いでしょう。
清潔という言葉とは、かけ離れている店舗も数多くあります。

寿々喜家であれば、女性でも安心できる接客と、清潔な環境で食べることができるのです。
こういった店舗は、大変貴重でしょう。

ラーメンを食べに行くのはお客なのに、高圧的な態度で威圧してくるところもあります。
寿々喜家のような店舗になれてしまうと、そういったところには、二度といけなくなるでしょう。

野心的な拡大を狙う壱六家

壱六家本店は、関東近郊にも勢力拡大を狙う野心あふれる名店です。

ただ、ラーメンをつくれば、こうした展開ができるわけではなく、味もしっかりしており、顧客から支持を受けているからこそ、店舗が増えてきているのです。

壱六家本店は、濃厚クリーミーと呼ばれるタイプのラーメンになります。
それでも、マイルドな味になっているからこそ、食べ飽きないのです。

寿々喜家と共通していることですが、接客も丁寧で、店舗もきれいになっています。
こうした配慮がなければ、横浜という町では生き残っていけないのです。

家系の総本山といえば吉村家

横浜家系の総本山とも言われるのが吉村家です。

本当に古くから愛されてきたラーメンで、キャッチフレーズとして、お客様はわが味の師なりという言葉が玄関口に掲げられています。

横浜の人の中では、この味で育ったという人も多いでしょう。
そのため、家系はいくらでもありますが、この店以外は考えられないという熱血的な人も多いのです。

とにかく一杯のラーメンにこだわって作られており、うまいと唸ることができるラーメンであるといえるでしょう。
家系はいろいろとありますが、一度は食べてみなければいけないといえるほどの出来なのです。