若者に人気のシェアハウス

メディアから火がついたシェアハウス

テレビをはじめとしたメディアによって、若い世代を中心に話題を集めるようになったシェアハウス。
近年は、シェアハウスの数が徐々に増えはじめており、今後はさらに広い世代に浸透することが予想されています。

シェアハウスのメリットは、なんといっても生活にかかる費用の安さです。
関東では当たり前のように取られてしまう敷金礼金がないうえに、家賃も居住人数で割るためにとてもリーズナルブルな費用で済みます。

さらに、ほとんどのシェアハウスの場合、すでに家電一式が揃っています。
備え付けになっているため、入居時にわざわざ購入する必要はありません。

敷金礼金と合わせると、びっくりするほど初期費用・および維持費を節約できることでしょう。

「単身で引っ越しするにしても費用面で不安を感じている」、「引っ越し後、経済状況に不満を抱きはじめた」こういったお金に悩める方々には特にシェアハウスをおすすめできます。

もし興味を持っているならば、一度前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

シェアハウスのデメリット

シェアハウスにはメリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。
利用する選択肢に入れるのであれば、あらかじめ確認しておくべきでしょう。

まず1人ではなく共同で生活するのですから、プライバシーが完全に守られることはありません。
個室はきちんと設置されていますが、キッチン・お風呂・トイレは共用であり、使いたいときに使えないケースも出てくるでしょう。

さらに誰もが共用部分を綺麗に使うとは限らず、同居人に不満を覚えてしまう瞬間があるかもしれません。

またもっとも困ったケースとして、シェアハウスが閉鎖してしまうこともあります。
もしも、シェアハウスが閉鎖になれば一定期日までに退去しなければならず、生活が急に慌ただしくなります。

契約の方法次第では、保証金も戻ってきませんし、それだけ大きなリスクも混在していることをあらかじめ理解しておくべきです。

シェアハウスの探し方

シェアハウスを探すときは、地道に歩いて物件を探すか、ネットを駆使して検索する方法の2択になるでしょう。
時間があるときは歩いて探し、時間がないときはネットで探すというように、上手く使い分けることをおすすめします。

たとえば、ネットで探す場合、神奈川県のシェアハウスであれば下記のサイトが探しやすいです。
>>神奈川のシェアハウス(オークハウス)

ネットであれば、住居や入居に関する各種条件を確認できるようになっているサイトが多く、不透明な部分も解消させることができるでしょう。

シェアハウスを決定するときには、できるだけ不安な点を減らしておくことが大切です。

おそらく住みはじめるにあたっては、誰もが楽しみな気持ちで迎えたいはず。
しっかりと調べて不安がないように万全な体制で入居するようにしましょう。