横浜の住みやすさは?

いつか住んでみたいと思う横浜だけど

いつかは住んでみたい憧れの街のなかで、常に上位に挙がってくるのが横浜です。

一口に横浜といっても、実はかなり広い面積があります。
地域によっても、特色が異なり、家賃相場も大きく差がつくのが特徴といってもいいでしょう。

住みやすいかどうかを別にして、基準にするのであれば、まずは横浜駅周辺があります。

家賃相場は1LDKで10万円を切るぐらいですので、東京都内よりも安いぐらいです。
駅に近くなればなるほど高くなりますので、相場から大きく離れた物件も出てきます。

住みやすさの目安として、アクセスは非常に優れていますが、スーパーなど生活品をそろえる場所はありません。
意外と住みにくかったりするのが、この駅周辺なのです。

ただし、ものすごくにぎやかですので、そういった環境が好きな人にはいいでしょう。

横浜で有名なワールドボーターズがあるのが、桜木町になります。
人気のスポットですが、家賃は横浜駅周辺よりも1万円程度安いでしょう。

夜景もきれいな地区で、特別な感じもあるため、人気ナンバーワンといわれる地区でもあるのです。
こちらも、生活環境としてはあまり優れていない点に注意が必要でしょう。

横浜市の中でも、ちょっと外れ行きますが、長津田あたりも人気のある地域です。

一歩離れると、田んぼや畑も残る地域で、家賃相場は一気に下がり、1LDKで6.5万円程度まで下がりますので、現実的に借りやすい地域といえるでしょう。

横浜といっても静かな地域で、騒音に悩まされることもありません。
地味ではありますが、ここも横浜です。

治安を考える

住みやすさという点で考えるのであれば、治安ということが重要です。

実際にあまりよろしくないのは、中区、西区、鶴見区、瀬谷区あたりといわれています。
中区あたりは、昔はドヤ街と呼ばれていたこともあり、あまり一般の人が踏み入れるところではありません。

横浜周辺の特徴として、治安が悪いところはとことん悪いです。
人通りの多い観光地は、治安も維持されていますが、古い地域に入るのは地元の人でもためらってしまいます。

逆に田園都市線沿いや再開発を行ったみなとみらい地区は、治安がいいといわれています。
セレブな空気が流れるぐらいですので、住みやすいという事とは直結しませんが、治安が悪いよりはいいでしょう。

住みやすいということを考えれば、たまプラーザの様に、適度に離れてしまっているようなところが穴場であるといえるでしょう。

静かな環境ですし、家賃もそこまで高くありません。
神奈川県の中で、最も住んでみたいところに選ばれたこともあるほどで、再開発も進みかなりおしゃれになっています。

普段の買い物をしたりする場所もありますので、不便であると感じることもないでしょう。