子連れなら横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールへ行こう

子供に大人気のアンパンマンのテーマパーク

年代を超えて子供に大人気のアンパンマンですが、そのアンパンマンが主役になっているテーマパークが横浜にあります。

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」は横浜駅からほど近い、みなとみらい線の新高島駅から徒歩7分という好立地にあります。

周辺にはみなとみらい21の有名施設がたくさんありますので、横浜観光の一つとして立ち寄ることもできやすくなっています。

アンパンマンこどもミュージアムは横浜の他に名古屋、仙台、神戸、福岡にありますが、中でも横浜のものは規模が最も大きく最初にできた施設として人気があります。

ミュージアムの入り口には大きなアンパンマンが出迎えてしてくれており、アニメの上演やぬいぐるみのステージ、作者のやなせたかし先生直筆のイラストの展示などかなり本格的にアンパンマンの世界に入ることができるようになっています。

やなせたかし先生の地元である高知県には「やなせたかし記念館」がありますがそちらとも連携しています。

子供が実際にアンパンマンのアニメに出てくるジャムおじさんのパン工場やアンパンマン号に入って遊べる施設などがあり、かなり子供の評判がよいとファミリー層から大人気となっています。

キャラクターや限定フードもおすすめ

2016年時点ですと、横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールでは、入場に関して1歳以上1人1500円がかかります。
小学生以下の子供には入場時に記念品がつくようになっています。

展示品も見どころがたくさんありますがもっとおすすめしたいのがショッピングモールエリアで、内部にある複数の店舗ではオリジナルグッズの販売や、ここでしか食べられないコンセプトメニューのカフェがあります。

珍しいのが「アンパンマンヘアサロン」という中で実際にヘアカットをしてもらえるお店があるということで、店内にたくさんあるアンパンマンのグッズの中でくつろいだ時間を送れます。

飲食店では「ジャムおじさんのパン工場」としてそれぞれのキャラクターのパンが販売されていたり、子供人気のメニューであるコロッケや肉まんなどアンパンマンとのコラボフードがたくさん販売されています。