1日フリー切符で横浜を堪能しよう

横浜を楽しく周るのであれば電車とバスで

横浜は、本当に多くの魅力を持っている地域です。
ですが、どうやって行くかが重要でしょう。

車でも横浜は楽しむことができますが、駐車場がどこでもあるわけではなりません。
時期によっては、すぐにいっぱいになってしまい、かなり歩かなければいけないこともあります。

そこで、有効に使いたいのが電車になりますが、もっと便利に使っていくためにはコツがあるのです。

基本は周遊バスのあかいくつ

横浜には、いくつもの観光地がありますので、いろいろとまわるのには周遊バスのあかいくつが便利でしょう。
一日フリーという分けにはいきませんが、一回の乗車が大人100円という低価格で乗ることができます。

横浜の交通機関としては、最も使いやすいといわれているのです。
通常の市営バスを使った場合、均一区間で216円取られることを考えれば、この値段は激安でしょう。

市営バスを使うのであれば、1日乗車券を600円で購入してしまったほうがお得です。
地下鉄まで共通であれば830円で購入することができます。

ベイサイドエリア限定ですが、みなとぶらりチケットならば、市営地下鉄と市営バスが乗り放題で500円です。
あと50円足すと、新横浜駅まで使うことができる、みなとぶらりチケットワイドにすることもできます。

電車は各社が発行しているもの上手に利用

京急往復割引きっぷは、フリー区間1日乗車券のセットで、電車とバスが乗り放題です。

みなとぶらりチケットと同じ待遇ですが、みなとみらい線、京急線、市営地下鉄上大岡駅も利用することができますので、京急に乗り換えすることができます。

基本840円ですが、品川からにすると1,110円となる点には注意が必要でしょう。
100円周遊バスである、あかいくつも乗車できます。

こうしたフリーチケットは、JRも出していますし、乗り入れで便利になった東武鉄道などでも発行しています。
西武鉄道にもありますので、自分の駅に関するところを利用するといいでしょう。

あまり移動しないのであれば、あかいくつを上手に利用するほうが安上がりのケースもありますので、計画を立てて考えるのも大切です。