はまぎんこども宇宙科学館で楽しみながら学ぶ

宇宙について学ぶことができる市営の科学館

はまぎんこども宇宙科学館は横浜市の中心地から大きく南側に向かった磯子区にある施設です。

アクセスをするには横浜駅からJR根岸線を使い、洋光台駅から徒歩3分となっています。

施設はかなり大きく、地下2階~地上5階までの広いフロアで宇宙と宇宙船について詳しく学ぶことができます。

もちろん天体を学べるプラネタリウムもあり、子供から大人の観光まで幅広く楽しめます。

とはいえ主なターゲットは子供のための宇宙学習なので、どちらかというとファミリーで訪れる人が多くなっています。

内部でできることとしては不思議な自然現象である雷やオーロラができるしくみについての勉強や、宇宙船の擬似運転探検、宇宙に関するクイズやゲームといったものなどがあります。

アスレチックなどの遊戯もあるので体感をしながらも普通の公園のような感覚で遊んでいくことができます。

2016年時点ですと、入館料は大人400円、小中学生200円とかなり安く、団体の場合には割引制度があります。

プラネタリウム(宇宙劇場)は別途料金が必要となっており、一日3~6回の上演スケジュールに合わせて利用をすることができます。

実は周辺には名物店がたくさん

はまぎんこども宇宙科学館は横浜の中心地からかなり離れた場所にあるので、横浜観光のついでとしてはちょっと立ち寄りにくくなっています。

ですが実ははまぎんこども宇宙科学館のある洋光台駅周辺には、横浜中心地とはちょっと違った名物店があるので少し変わった横浜グルメを楽しみたいという人に大変おすすめです。

まず最初におすすめをしたいのが洋光台3丁目という駅から徒歩7分のところにある「パスタイム(Pass Time)」です。

「パスタイム」は手作りハンバーガーのお店で、ツヤツヤのバンズに山盛りのポテトで出されてくるボリュームのあるハンバーガーは独特です。

ずば抜けたボリューム感が売りのお店なので、食べ盛りの子供さんがいる家庭なら大好評間違いなしです。

パスタイムのすぐ近くには「杜のパン屋さん」という手作りベーカリーのお店があり、こちらのパンもかなり評判です。

持ち帰りだけでなく内部で食べることができるようになっていて、ランチセットが500円からという低価格&高品質のコスパ最高のお店となっています。

テラス席もあるので晴れた日には横浜郊外の雰囲気を感じながら優雅にコーヒータイムを過ごすことができます。