横浜夜景ツアーで素敵なデートを

デートコースとしても十分な横浜夜景ツアー

横浜といえば、食事もおいしく、観光するところも多いのが魅力でしょう。
ですが、実は夜景も美しく、デートコースとしても重要です。

素敵なデートにするためにも、いくつかのポイントを押さえておくことが大切でしょう。

デートコースとして楽しむということになると、どこか決めた場所に見にいく方法がメインとなります。
しかし、横浜の夜景を見るのであれば、いろいろと移動しながら見るのも楽しいものなのです。

そこで利用していきたいのが、横浜ベイサイドラインでしょう。

3部門編成になっているところが特徴で、午前の部と午後の部では夜景を楽しむことはできません。
ですが、午後7時から出発する夜景の部であれば、ツアーとして夜景を楽しむことができるのです。

デートコースのはじめとしても利用しやすいツアーですので、うまく組み込んでいくといいでしょう。

ただし、注意しなければいけないのが、夜景コースは土曜日限定であるということです。
利用者層としては、若者層が多くなってはいますが、デートで使うとするのであれば、あまり気になることもないでしょう。

見ごたえのある構成

バス乗り場があるのは、横浜駅の東口です。
2階建ての赤いバスが着ますので、すぐにわかります。

車内はとても余裕を持った作りになっており、窮屈に感じることはありません。

バスツアーの特徴として、各所の解説が付いているのも楽しいところです。
デートとしても、ただ夜景を見るだけではなく、どんな夜景なのかを知ることができるのですから、楽しさも広がります。

コットンハーバーをぬけ、みなとみらいを通り赤レンガ倉庫までいき、新県庁前まで行くと、バスを降りての横浜三塔のガイドツアーです。

横浜市開講記念館と県庁、横浜税関の3つを合わせて三塔と呼んでいますが、夜景で見ると昼間の姿とは全く違った表情を見せてくれます。

スカイガーデンではワンドリンクサービスも

中華街を抜けると、ツアーバスとしては珍しい高速道路区間になるのです。
それもそのはずで、ベイブリッジを楽しむことができるようになっているのですから、粋な演出であるといえるでしょう。

大桟橋国際客船ターミナルまで行くと、自由時間が25分ほどあります。
夜景としてもとてもきれいなスポットで、ライトアップされた世界は、日本とは思えないほどです。

ターミナルをあがると、屋上にクジラの背中と呼ばれる展望デッキがありますので、時間が許せば行ってみるといいでしょう。

自由時間が終わると、最後になるランドマークタワーに向かっていきます。
69階のスカイガーデンまで行けば、これまで見てきた夜景とは違う360度の世界が待っているのです。

天空から見下ろす世界は格別ですし、ワンドリンクのサービスまであります。
ここで解散となりますので、さらに夜景を楽しんだりできるように予定を組んでおくといいでしょう。