神奈川県の保育士求人事情

現在、神奈川県における保育士の求人倍率は約3倍です。全国平均が約2倍ですから、求人傾向としては高いと言えます。ちなみに、全国でもトップレベルの保育士の人材不足県であるのも、保育士の有効求人倍率が高い原因のようです。

神奈川県の保育士の待遇面について

横浜市や川崎などの都市部なら、好待遇の保育園は多く存在します。
神奈川県内でも横浜市や川崎市では、保育士を確保するために待遇を向上させている保育園が少なくありませんし、有休をちゃんと消化できる小規模認可園も多いのです。

神奈川県の保育士の給与水準について

給与水準も、全国平均より高めに設定されています。
地方の保育士と比べると、神奈川県の保育士の給与水準は高いと言えるでしょう。

神奈川県では月給20万円(正社員)まで貰える保育士も多く、横浜や川崎などの都市部に行けば行くほど給与水準は高くなります。
より高い給与を求めるなら、都市部の保育園を選びましょう。

また、非常勤やパートでも時給が高く、都市部だと時給が2,000円の保育園もあります。

諸手当について

神奈川県は全体的に給与水準が高い上に、住宅手当など各種手当はもちろん、家族手当や都市手当が出る保育園もあります。

生活する上で居住費は生活費の大部分を占めますが、神奈川県の都市部に所在する保育園では基本給に加え都市手当、資格手当、住宅手当、家族手当(世帯主に扶養者がいる場合に限る)などが支給されます。
園長に昇格すると役職手当なども加算されるので、月給は30万円以上になる場合もあります。

神奈川県の保育士求人について

神奈川県の保育士求人を探す場合は、そのエリアに特化したサイトや地域別で探せる求人サイトを使うと、効率よく希望の求人情報を探すことができます。

中でも『保育のお仕事』では、神奈川県を指定すると月収や雇用形態からはもちろん、人気の駅から探すという項目もあるので、自宅の最寄り駅からも探すことが可能です。

神奈川県の保育士求人
画像引用HP#神奈川県で保育士求人を探す|保育のお仕事

様々な条件を絞ることでより求人を探しやすくできるのが、求人サイトのいいところ。
転職アドバイザーに相談することもできるので、自分に合う求人がなかなか見つからないという場合には活用してみるのもいいでしょう。